おせち料理の中身 お品の意味は?

おせち料理の具材のいわれ・意味

おせち料理

 


お正月には神様をお迎えするという意味があります。門松や鏡餅などもそうです。縁起のいい料理を供え、1年で最もめでたい日ということでめでたい品物が出るようになりました。鯛も「めでたい」のでおかしらなどおせちには欠かせないのです。

 

数の子
数の子は鰊の卵です。
これを二親(にしん)とかけて、にしんからは沢山の子供が生まれることからそれにあやかろうとするものです。
子宝と子孫繁栄、五穀豊穣、つまり人間の生活がより豊かになる事を願って食される縁起物です。

 

くるみ
くるみは果実であり、その「実り」の象徴として、またその殻が非常に硬いことから堅固に「家を守る」と考えられ、「家庭円満」を願っておせちの一品として古くより利用されてきました。

 

たつくり
小さくても尾頭付きを出し、縁起の良い料理とされております。
また昔田植えをする際の肥料にも使われたことから、豊作・五穀豊穣の祈りがこもった料理ともされております。

 

伊達巻
伊達巻の形が、昔の書物の巻物に似ていることから学問や文化の発展を意味し、学問や習い事などの知識を豊富に得て教養を身に付けて賢くなるようにとの願いからおせちに入れられるようになったそうです。

 

紅白なます
紅白の色の組み合わせは、縁起の良い色としてお祝いごとなどに用いられるもので、
大根の白と人参の赤で紅白を表現しています。
水引を表しているという説もあります。
平和と平安を祈るという意味があります。

 

昆布巻き
昆布巻は昆布が「喜ぶ」の意味にかけられることから、お祝いの縁起物とされます。
場所によっては、養老昆布(よろこぶ)とかけて不老長寿を願ったり、子生(こぶ)から子孫繁栄を願う意味合いが込められている場合があります。

 

くわい
慈姑は勢い良く大きな芽が出ることからめでたいとされております。
また芽が出ることから出世祈願、地下茎に子球をたくさんつけることから子孫繁栄として縁起を担いでおります。

 

海老
長寿祈願の意味があります。
海老はひげが長く腰が曲がっているという事で老人を連想させ、それにあやかる意味合いで食されます。
また、海老は脱皮を繰り返す生態から生命の輪廻を象徴し、さらに出世祈願の意をこめるという意味合いもあるようです。

 

黒豆
黒という色は道教においては邪を祓うものとされています。
また、「マメ」という言葉は元々丈夫で健康という意味合いを持つ言葉です。
それを食する事でマメに働き続ける事が出来ますようにという、健康と無病息災への願いがこめられています。

 

栗きんとん
栗きんとんのきんとんを漢字で書くと「金団」であり、金の団子あるいは布団ということから金銀財宝を意味し、商売繁盛や金運をもたらす料理として、御節料理のひとつになっています。

 

錦玉子
錦玉子の黄色は金、白は銀を表していてお正月にぴったりのおめでたい料理です。「2色」が「錦」と語呂合わせになっているともいわれます。鮮やかな黄色と白がおせち料理を華やかに彩ります。

 

かまぼこ
かまぼこの半円形が日の出に似ていることから、初日の出をイメージして新しい門出にふさわしいと考えられおせちに入れられるようになったそうです。又、紅は魔除けで白は清浄・神聖を表すそうです。

売れてるおせちNo.1!

9800円〜早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗の京都高級料亭のおせち

匠本舗のおせちはこちら