おせちのレシピ 八つ頭の白煮

13、八つ頭の白煮

 

<材料>
・八つ頭 ひとかたまり

 

a.調味液
・だし汁 600cc
・砂糖 大さじ3
・酒 大さじ3
・みりん 大さじ3
・薄口醤油 大さじ1

 

b.飾り
・柚子の皮 適量

 

<作り方>
1.八つ頭はタワシでよく洗い、皮を剥きやすくするために新聞紙の上で半日程度乾燥させる

 

2.皮を剥き、大きさが均一になるように意識して一口大にカットする

 

3.塩でもみ込んでから洗い流し、たっぷりの水から茹でる

 

4.ひと煮立ちしたらザルに上げ、水洗いしてぬめりを取る

 

5.鍋に4の八つ頭を入れ、材料aの調味液を加え、落し蓋をして最初は強火で、煮立ったら弱火にして30分くらい煮込んでいく

 

6.竹串が通るくらいがベスト

 

7.味を含ませるため、そのまま置いて冷ます
※冷ますことで味が染み込むので、この工程は必須です!

 

8.盛り付け時に柚子の皮をあしらう

 

<ポイント>
いかつい見た目とは裏腹に、八つ頭は煮崩れしやすいので、煮る時の固さには注意が必要です。
芋同士が重ならないように大きめの鍋を使って調理すると、固さにムラがない状態に仕上がります。

 

 

 

 

14、酢ばす

 

<材料>
・れんこん 握りこぶし大くらいの大きさの物 1節 
・酢水 れんこんの大きさに合わせて適量(あく抜きとれんこんを茹でる時にそれぞれ使います)

 

a.調味液
・米酢 大さじ3
・砂糖 大さじ3
・塩 ひとつまみ

 

b.カットした赤唐辛子 適量

 

<作り方>
1.れんこんは皮を向いて5ミリ程度の薄切りにし、変色を防ぐために酢水につける

 

2.鍋に水を入れて沸騰させ、お酢を加えてれんこんをサッと茹で、すぐに水にさらす
※シャキシャキとした歯ごたえが命なので、茹ですぎにはくれぐれも注意が必要です。
少し透明感が出た状態がベスト!

 

3.aの調味液を鍋に入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止める

 

4.水気を拭き取った2のれんこんを3に入れ、2〜3時間程度漬け込む
※れんこんが熱いうちに漬けると味がよく馴染みます。

 

5.お好みでbの赤唐辛子を添えたら出来上がり!

 

<ポイント>
甘さは好みに応じて砂糖の量を増減してください。
残ったら五目寿司の具にしても美味しくいただけます。